山口由紀(ディレクター)


【担当メニュー】
【資格】
  • 理学療法士
  • NCPT(米国認定ピラティス指導者)
  • Polestar Pilates ®︎ (Mat, Reformer, Rehabilitation) Educator
  • Franklin Method Teacher Trainer(Level3 Educator)
  • GYROTONIC®︎トレーナー
  • VFP®︎ Movement Therapist
  • BODY CONTROL PILATES(産前)
  • Core Intelligence
  • Pilates IntrospectiveⅠ・Ⅱ・Ⅲ 
  • 介護支援専門員

17歳よりダンス(ジャズ・コンテンポラリー・バレエ)を始める。
平成8年理学療法士免許取得。
総合病院勤務後、介護・福祉現場に数多く関わる。
多くの疾患や怪我の急性期から慢性期のリハビリテーションに携わる。
その中で、故障の原因への理解やその予防の重要性を強く認識するようになる。
一方で自身もダンスによる故障を多く経験し、ピラティスに出会う。
自分の身体を通した経験や子供から高齢者まで様々なボディタイプの方への運動指導により、『動く』という側面からのリハビリ、コンディショニングについて研鑽を積む。
さらに動きと心理的な関係へも関心を持ち、認知心理学などへも学びを進めている。
現在は、ピラティスの後進の指導の他、インストラクター・トレーナーへの解剖学ワークショップ、ダンサーや舞台芸術への身体表現の指導、高齢者への体操指導や専門家への体に負担の少ない介護方法の指導など活動の分野は多岐にわたるが、いずれもいかに体と共にあるかということを日々伝えている。


医療と福祉、フィットネスの分野に長く関わってきたからこそ、
状態に応じた今身体のために必要なこと(体の使い方、快適な動き方、気持ちの向き合い方)を、分かりやすく楽しくお伝えしています。
日常的な動きからスポーツパフォーマンスまで、子供からご高齢の方まで多くの分野と多くの年齢層の方にセッションをアレンジさせていただきます。
多くの方がご自身の体のエキスパートになれるように、しっかりとサポート致します!